ごあいさつ

平素は格別のご高配を賜り、誠に有り難く厚く御礼申し上げます。

昨年は英国のEU離脱や米国におけるトランプ政権の(実質)誕生など世界情勢は例年にも増して激動の年であり、また日本経済も緩やかな景気回復基調が続くものの個人消費の伸び悩みなど課題の多い年でもありました。
また弊社の所属いたします「印刷業界」も残念ながら依然として「市場縮小傾向」が継続いたしております。

このような中、弊社はお陰様を持ちまして売上金額は前年対比で120%となり、一昨年に引き続き過去最高の売上と利益を達成することができました。これも一重にみなさまの日頃のご愛顧の賜物と心より御礼申し上げます。
特に「NET年賀状」の受注枚数は昨年も「前年比200%」を達成することができました。正確な業界統計がございませんのであくまで推測ではございますが、NET専業の年賀状印刷業者といたしましては国内でもトップレベルの受注量と推察いたしております。

本年は、これら年賀状を含めました「Web経由での売上」をさらに拡大させることにより、中期計画の目標であった「総売上に占めるWeb経由での売上比率50%」を1年前倒しで達成できる見通しです。
また更なるコストダウンのため、本年は「プリントワークフローの自動化」にも本格的に取り組んでまいります。従来オフセット印刷においてはプリントワークフローの自動化は多くの企業が取り組んでおりましたが、弊社が主たる生業とするオンデマンド印刷は、その特性上「少量」「多品種」「短納期」を求められるが故に、そのワークフローの自動化は大変困難であり「人海戦術に頼らざるをえない」のが実情でございました。
ただ人手に頼っている限り抜本的なコストダウンは達成できないとの思いの元、昨秋よりプリントワークフローの自動化システムの開発に取り組み、今春には稼働が開始できる見込みとなりました。

当社はこれからもコストダウンに傾注しつつ、お客様のありとあらゆるニーズにお応えすることで、当社がミッションとして掲げます「お客様への提供価値の最大化」の実現に努力してまいります。

これからも変わらぬご愛顧のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

ネットスクウェア株式会社
代表取締役社長 浦上 義久