ごあいさつ

会社創立15周年を迎えて

平素は格別のご高配を賜り、誠に有り難く厚く御礼申し上げます。

さて当社は、お陰様をもちまして昨年11月21日に会社創立15周年を迎えました。
これも一重にみなさまの日頃のご愛顧の賜物と、心より御礼申し上げます次第です。

ちょうど15年前、ある会社の小さな会議室を借りて数名の従業員とともに当社はスタートいたしました。
当初は「新たなるデジタルプリントショップの創造」を標榜し、最盛期には上海(中国)を含めまして30店舗にまでそのネットワークを拡大いたしましたが、その後の、スマートフォンに代表される「モバイル型情報端末の爆発的普及」や「データ回線容量の飛躍的増大」などの市場環境の劇的変化、そして「リーマンショック」や「東日本大震災」などの未曾有の社会危機を経る中で、当社は2011年に「店舗型ビジネスモデルとの決別」を宣言し「外商とWebを中心とする新たなるビジネスモデルの確立」に大きくその舵を切ってまいりました。

ここ数年は「店舗のリストラ」と「ビジネスの拡大」を同時並行で行うという大変難しい舵取りの時期ではございましたが、お陰様をもちまして、昨年(2015年)は前年対比で売上が131%となり過去最高の売上と利益を計上することができました。
また5年前にはわずか2%しかなかった「Web経由での売上」が会社全体の30%を占めるまでに成長することができました。
そして何より特筆すべきは、この間、当社の従業員数はほぼ横ばいであることです。例えば昨年の売上が対前年で31%増加したにもかかわらず従業員数が横ばいと言うことは「労働生産性が31%向上した」ことにほかなりません。これこそがお客様から「どこよりも安い」と言っていただける当社価格競争力の源泉であると愚考いたしております。

当社はこれからもコストダウンに傾注しつつ、お客様のありとあらゆるニーズにお応えすることで、当社がミッションとして掲げます「お客様への提供価値の最大化」の実現に努力してまいります。

これからも変わらぬご愛顧のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

ネットスクウェア株式会社
代表取締役社長 浦上 義久